FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ryo009.blog83.fc2.com/tb.php/602-7f4b58d9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

箱根ヒルクライムスポーツフェスティバル2012 in TOYO TIRES ターンパイク

2012-12-006.jpg

タイム:43:35.55(ネット)
チャンピョン:3位(着順:4位)
総合成績:4位
チーム戦:1位

2012年の最終戦となる箱根ヒルクライム。

気持ちのスイッチは完全にオフ。
また体調的にも、遠征疲れと関東の冷え込みで、
一日寝込んだ病み上がりと、
レースはおろか、自転車進んで乗る気にもなれない
コンディションで挑む事に。

日曜日、朝の冷え込みと、午後の天気予報が
怪しいという事で、休養日にする事も頭をよぎるも、
ヌシ、マスラオさんと組んだチーム戦だけは落とせないと、
身支度を済ませて出発。

おきなわ帰りのコラテックに乗ってみると、
リアメカが正常に動かず、トップ固定状態な事が判明。
前日までに輪行ケースから取り出し、簡単な掃除と
充電は済ませていたものの、完全なチェックミス。

恐らく輪行中のセーバモード入りが原因ながらも、
ボタン長押しだけではキャンセル出来ず、
急遽、数ヶ月ぶりに乗るパナチタンを駆り出す事に。

小田急線の輪行車内でシュー交換や注油。
小田原駅到着は10時14分、受付会場のターンパイク
料金所下の公園に到着できたのは10時27分。
後から聞けば、さらに上が居たようですが、
まさにギリギリでした。

スタート地点に辿りつけた事に満足しつつ、
学生レースのスタートを見送り、定刻11時20分にスタート。

一般の部、上位カテゴリも着順ではなく、
色々物議かもしやすいネットタイム方式での順位付け。
ややこしい事になるのも嫌なので、
1列目から細心の注意を払ってスタートするも、
クリートはめるのにもたつき、結構なタイムロス。
久々に使う旧式アルテのペダルが仇となりました。

幸いスタート直後は、ベルマーレの招待選手
2名の様子見とモードが漂っており、平和な展開の
先頭集団へ無事復帰。
身体温まる位までは、このまままったりと行って
欲しいと願うも、微かな希望はヌシの動きであっさり崩され、
集団は早々に崩壊。

2km地点行かない所で、先頭集団は
ヌシ、ナルシマJPTの櫻井さん、東海大の方と
自分の4名に。
勝負自体は任せるとして、わざわざここまで来て
何もしないのもつまらないし、ヌシの火入れと
不確定要素を廃す事を意図しつつ、
ヌシのペースアップに便乗し、追い打ちかかるように
ナルシマ、東海の方への揺さぶりを敢行。

狙い通り2名での逃げ出しまで成功するも、
焚付が少々過ぎてしまった様で、
ヌシのペースアップの収拾がつかなくなり、大炎上。
暫しツキイチで耐えるも、6km地点あたりの微妙な
勾配変化で開いた差、埋められずにお見送り。

発射台としてはかなりショボイ内容ながらも、
ヌシの独走見送る事は出来たし、自分もこのまま完走できれば
充分と思った瞬間、気が抜け全く踏めない状態に。

終了モードで流していると、中間地点あたりで東海大の方、
尾根区間の手前でナルシマの櫻井さんにも先行されて、
万事休す。
それでも、アップダウン区間からゴールまで櫻井さんに
連れて行って貰え、最後半車身差ほどの遅れ
着順としては4位でゴール。

クラス表彰は3位までと聞いていて、個人入賞は
逃したけど完敗だったし仕方ないと思っていたら、
速報のリザルト見ると順位が入れ替わり、何故か3位。

スタートの出遅れが貯金となり、ネットタイムマジックが
功を奏した形ながらも、実際に当事者としては
何ともすっきりしない、ほろ苦さが強まる入賞でした。

スッキリしないと言えば、ゴール後、周囲を見回して見ると、
何故か妙に悔しがっているヌシの姿を発見。
てっきり1分差位の独走勝利果たしていたかと思えば、
チェーン落ちのメカトラと、ミスコースのタイムロスで
最後の最後で東海大に刺されたとの事。

山頂手前数百m、登りと下りの車線が分岐する所で、
どうやら右側の下り車線に入ってしまった模様。
確かに下り車線の方が丘側になり、若干標高も高く、
ピークを目指してしまったのかもしれないけど、
なんともありえない、信じがたい結末。
秋口からの連勝、こんな形で終わるのであれば、
自分ももう少し良い状態で挑むべきと思っても、
これぞまさに後の祭りでした。(^^ゞ


ゴール後は早々に着替え、混雑する前のレストハウスに
空席見つけて、表彰と下山開始まで待機。
出店の焼きそばや、スイスロールなどつまみつつ
結局2時間位は山頂で待つことになったけど、
お仕事帰りらしい豪華ゲストも来ていて、
オフモードで色々話せたのは良い時間でした。

空模様が怪しくなる中、何かトラブルあった様で
遅れて始まった表彰式は、かなりのまきまき進行。
賞状授与も省略されて、若干の味気なさはあったものの、
独りでは取れないチーム戦、結果残せたうれしさは格別。
彼らと同じジャージに袖通すのは色々と大変だけど、
ちょっと考えてみても良いかなと思えたひと時でした。

今回チーム組んだ、ますらお氏&ヌシ
2012-12-02 13.54.34

セルゲームなお二人
2012-12-02 13.26.57
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ryo009.blog83.fc2.com/tb.php/602-7f4b58d9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ryo

Author:ryo
坂馬鹿系クライマー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。